通信販売の年齢層は年収の多いシニア世代が大半

通信販売はこれからも増え続けると言われています。

現在どのような利用状況なのか、現状を見ていきましょう。

通信販売は50から60代のシニア層が利用している

通販を利用している年齢層の中に今注目されている年齢層としてシニアがあります。シニア世代が利用している事によって、とても売り上げが伸びているのです。社団法人日本通信販売協会というところがありますが、ここがどのような人が利用しているのか調べたところ、利用者の実態調査では、最近伸びているのは実は70歳前後の年齢層であることが分かっているのです。

高齢者向けの通信販売が増えるのではないか

これから団塊の世代がだんだんリタイヤしてくれば、さらに通販を利用する人が増えるのではないかと予想されています。弾痕の世代というのは実は男性に多趣味の人が多いという特徴があります。

趣味にお金をかけたりする事に対してこれまでも抵抗を持たない人が多かったと言われていますので、今後欲しい商品をネットなどでじっくりと探して検討していくというスタイルが増えてくのではないかと考えられているのです。これから先はシニア世代やこうした高齢者向けのネットサイトやカタログの用意なども工夫をする事で生き残れる、勝ち残れると考えられています。

通信販売の注文システムは伸び続ける

通販を利用している人のイメージはこれまでは自宅で時間を過ごすことが多い女性というイメージを持っている人が多かったのですが、今は違います。それは間違った固定概念でありむしろ外で働いている女性やあまり家にいない女性の方が利用している事が多いのです。

そして女性に限らず男性でも利用者が増えていますので、男女比率で言えば昔は圧倒的に女性が利用しているというケースが多かったのですが、現在は男性も同じくらいの比率で利用していると言えるでしょう。

男性が利用できるサイトもとても増えており、趣味のサイトや車のサイトなども増えている事などが理由かもしれません。利用状況はここ数年でかなり伸びているというのが現状です。

これから先も通販業界は伸び続けると予想されています。また今の注文システムよりもさらに使い勝手の良い利用者のことを考えたサイトなどが検討されていくでしょうから期待してもいいのではないでしょうか。

LINEで送る
Pocket