スマホから通信販売している購入日や購入率

景気は全体としてはそれほど良くなったとは言えないのですが、通販業界は良いでしょう。

その背景にはどのような事情があるのかここでは見ていきましょう。

通信販売のインターネットの登場は大きい

インターネットがなかった時代は通信販売といえば、カタログショッピングが主流でした。現在でもカタログショッピングはありますが、経営する側からしてみれば、注文してもらえるかどうかわからないけれどお金をかけてカタログを作り、そして郵送で送る手間がありました。

しかし今はカタログ無しでネットで好きな時に見てもらう事ができますので、かなりコストとしては落とす事が出来ているといっても過言ではないでしょう。

それができるようになったのはインターネットがこれほどまでに普及したからです。

インターネットの普及は最初はパソコンからでした。パソコンが普及した事も大きですが、その後、携帯電話の普及、そして現在のスマートフォンの普及にまで影響を与えています。現在スマホからも手軽にネットショッピングや通販が楽しめるようになったことが大きな要因であるといってもいいのかもしれません。

益々利用者が増える予定の通信販売業界

今後の通販業界を考えると利用者は実はますます増えるのではないかと予想されています。なぜなら少子高齢化社会はこれからもどんどん増えると言われていますので、さらに外出しないで注文する機会が増えるのではないでしょうか。

働いている女性やお母さんが増えてくるということは、24時間手軽に買い物をする事ができる通販はとても便利ですし、ありがたい存在となるでしょう。ネットスーパーなども登場しているので、働いている女性の味方とも言える存在ではないでしょうか。

通信販売の多くは高齢化社会での活用

現在通販業界を支えている年齢層の一つにシニア世代があります。シニア世代はこれまで働いてきたお金がありますので、そのお金をある程度もっているので、通販で買い物を楽しむということに使っている家庭も多いと言われているのです。

そのためにシニア世代は通販業界を支えている年齢層の一つです。

通販がこれほどまでに選ばれている理由は様々な背景があると考えられますが、今後もまだまだユーザーは増えるのではないかと予想されています。ユーザーを支えるシニア世代の利用も大きな影響を与えています。

LINEで送る
Pocket